鉄分不足になる前に|サプリメントで気軽に栄養チャージ

夫婦

膝が痛みを感じるときに

足

どんな人がかかりやすいか

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨が弾力を失い、すり減って骨への衝撃を吸収できなくなり、痛みと共に関節炎や骨の変形を生じるに至る病気です。変形性膝関節症、男女共に発症しますが、特に50歳代以降のO脚気味、肥満気味の女性に多くみられます。女性に多い理由は、女性ホルモンの影響や、男性より筋力が弱いことに関係すると考えられています。肥満に関しては、そうでない人より膝の負担が大きくなるためです。O脚に関しては、膝の内側に強い負担がかかるためです。男女とも、年齢が高くなるにつれて変形性膝関節症にかかる人が増えてきます。これは、加齢により筋力が弱くなって膝関節にかかる負担が大きくなることや、長年に渡って関節を使い続けて関節の軟骨がすり減ってしまうことによると考えられます。しかしスポーツ選手など、膝関節を酷使する生活を続けた人は、若くても変形性膝関節症を発症することがあります。

治療法と予防策

変形性膝関節症の症状が軽いうちは、痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射をすることで、対応します。またリハビリテーションや膝を温める療法も行います。装具を装着することで、膝の負担を軽くする試みがなされることもあります。しかしこのような治療でも軽快しない場合、手術が行われます。変形性膝関節症の手術には、内視鏡を使う手術、骨を切り取って変形を矯正する手術、人工関節に置き換える手術などがあります。このような状態になるのを防ぐための、変形性膝関節症の予防策としては、ふともも前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛えることと、膝に負担をかけない生活を心がけること、すなわち「正座を避ける」、「肥満の人は減量する」、「膝を温める」、「洋式トイレを使う」などがあげられます。